値上げの牛乳がこの冬も余剰感 飼料高騰で生産者苦境

酪農家の牛舎。冬の牛乳の消費減退などで生産者の経営は厳しい=島根県
酪農家の牛舎。冬の牛乳の消費減退などで生産者の経営は厳しい=島根県

牛乳の廃棄危機がこの冬も忍び寄っている。原料となる生乳の需給が緩む中、11月に乳業メーカー各社は一斉に値上げに踏み切った。余剰でも値上げした背景には、ロシアのウクライナ侵攻や急激な円安に伴う飼料高を受けた酪農家の生産コスト上昇がある。学校給食のない冬は年間で最も消費量が落ち込むため、大量廃棄を回避すべく、政府や業界団体は牛乳の消費促進を呼びかけている。

「昨年以上に消費減退が懸念される。生産者は牛乳を搾らないと経営が苦しく、現在の厳しい状況は生産現場だけではどうにもできない」。1日に自民党本部で開かれた会合で、出席した酪農団体関係者は窮状をこう訴えた。

牛乳の廃棄危機は昨年末も浮上した。政府は平成26年ごろにバター不足が深刻化して以降、乳牛の頭数を増やすための支援を実施。生産量が順調に増える中、新型コロナウイルス禍で外食や学校給食の消費が蒸発したことで、供給が需要を上回る状態に陥っている。

ただ、生産量の調整は一筋縄ではいかない。生産者が増頭を決めてから実際に生産を反映するまで3年かかり、需給の見通しは困難だ。乳牛は毎日乳をしぼらないと病気になるため、生産量の抑制には、早めに乳牛をリタイアさせて頭数を減らす対応が求められる。

酪農家に追い打ちをかけたのは、輸入に頼る飼料の高騰だ。経営コストに占める飼料の割合はおよそ半分を占める。このため、全国の生産者団体と乳業各社は8月、牛乳などの飲用向け生乳の取引価格を約1割引き上げることで合意した。

これを受けて乳業各社は11月、出荷価格を一斉に値上げ。足元では値上げ幅を吸収して販売する小売店や、より価格の安い商品に消費が流れる動きがある。牛乳は日常的に買い足す機会が多く、消費者の負担感は大きい。

値上げを吸収しきれない店は、売り上げ減少を余儀なくされるケースも。東京都内でスーパーを経営する男性(63)は牛乳の売り上げについて、「値上げで1割減ると見込んだが、3割以上も減った」と打ち明ける。

乳業各社は生乳の余剰を受け、保存の効くチーズやバターの加工に回すよう取り組む。だが、需要の高いバターをつくると同時にできる脱脂粉乳の在庫は今年5月、過去最高を記録。メーカーはこれ以上在庫を抱えたくないというのが実情だ。

政府や酪農関係者らが望むのは、牛乳消費の促進だ。農林水産省牛乳乳製品課の担当者は「牛乳はあらゆる食品の中で最も需給バランスを取るのが難しい。国民1人がコップ1杯の牛乳を飲めば余剰は解決する」と呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細