夫同意なく中絶、請求棄却 医師過失争点、高裁那覇

福岡地・高裁=福岡市中央区
福岡地・高裁=福岡市中央区

「配偶者同意」なしに女性の人工妊娠中絶をしたのは母体保護法違反だとして、夫だった男性が沖縄県内の医師に200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁那覇支部であり、谷口豊裁判長は請求を退けた1審那覇地裁沖縄支部判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。女性の説明のみで中絶をした医師の過失の有無が争点だった。

母体保護法は「本人と配偶者の同意を得て中絶を行うことができる」と規定。一方、ドメスティックバイオレンス(DV)などにより配偶者の同意を得られない場合、本人の意思のみで中絶が可能と解釈されている。

昨年11月の1審判決は「法は厳格な証明を求めたり、確認の手続きを定めたりしていない」と過失を認めなかった。

1審判決によると、女性は平成29年、中絶を希望し医療機関を受診。離婚調停中で夫の同意を得られず、DVのような行為もあったと説明した。後日、離婚したと説明を変え、夫の署名がない同意書を提出。医師は中絶を実施した。

会員限定記事会員サービス詳細