現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

カタールの街角から

国民の期待は薄かったホスト国 4年後に雪辱期す

オランダ戦でカタールの敗色が濃厚となり、試合終了を前に空席が広がった観客席=11月29日、アルホル(共同)
オランダ戦でカタールの敗色が濃厚となり、試合終了を前に空席が広がった観客席=11月29日、アルホル(共同)

自国開催のサッカーW杯で、カタールに厳しい現実が突きつけられた。エクアドルとの開幕戦に敗れると、3戦全敗であっけなく1次リーグ敗退。世界の壁はあまりにも高かった。

2004年に国家的プロジェクトとして設立されたアスリート育成機関「アスパイア・アカデミー」は徐々に成果を出していた。14年のU-19(19歳以下)アジア選手権を制し、19年のアジア・カップでは決勝で日本に勝って初優勝。五輪と並ぶスポーツの祭典への機運は高まっていたはずだが、国民の期待はさほどでもなかったようだ。

6万7372人の観衆を集めた開幕戦。前半に2点を失うと、敗色濃厚とみたファンがハーフタイムからぞろぞろと帰路に。試合終了を待たずに半分以上が空席となる、W杯には珍しい光景が広がった。開幕前日に地元の男性に期待値を聞いたところ、「カタール? ダメだろう」と投げやりな答えが返ってきたのに合点がいった。

ランキング

  1. 「近所の取材や動画アップはやめて」 ドルーリー朱瑛里さんコメント全文

  2. 陸上のドルーリーが大会欠場 過剰な注目、報道に不安

  3. フォードがF1復帰へ レッドブルとPUで提携

  4. 【スポーツ一刀両断】「美人でしょ」だけじゃダメ 人の魅力を伝える取材力 増田明美有料プラン記事

  5. ウクライナ、パリ五輪不参加決定見送り 議論継続

  6. 保護者必読? 東大出身元プロ野球選手、宮台康平さんにみる文武両道実践法

  7. 春高バレー 鎮西は2年生の次期エース井坂が躍動

  8. 選手やコーチ231人死亡 ウクライナ外相IOC批判

  9. 「やられっぱなし」全日本卓球、前回女王の伊藤8強逃す

  10. フルマラソンでも日本新つかめるか 破天荒ランナー新谷仁美の現在地