羽生さんプロ後初のショーを完遂 来年2月には東京Dで単独公演

アイスショーで演技を行う羽生結弦さん=5日午後、青森県八戸市(納冨康撮影)
アイスショーで演技を行う羽生結弦さん=5日午後、青森県八戸市(納冨康撮影)

フィギュアスケート男子で冬季五輪を2連覇し、今年7月にプロ転向を表明した羽生結弦(ゆづる)さんが自ら総合演出した単独アイスショー「プロローグ」の千秋楽公演が5日、青森県八戸市のフラット八戸で行われた。

満員となる約3千人の観客を前に、2018年平昌五輪を制した際のフリー曲「SEIMEI」や、今年2月の北京冬季五輪のエキシビションで滑った「春よ、来い」など、歴代のプログラムを披露。新横浜での2公演と合わせて計5公演を完遂し、「大きなけがなく最後まで完走し切れたことは、大きな経験になった」と感慨を込めた。

ショーの最後には、来年2月26日に東京ドームでスケーターとしては史上初となる単独公演「GIFT」を行うことも発表した。「絵本のような、物語を鑑賞しに来ているような感覚で見ていただけるスケートになっている」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細