現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

毛沢東時代に回帰する習近平 拓殖大学顧問・渡辺利夫

第20回中国共産党大会の閉幕式で、退席する胡錦濤前総書記に声をかけられる習近平総書記(右)。左は李克強首相=10月22日、北京の人民大会堂(共同)
第20回中国共産党大会の閉幕式で、退席する胡錦濤前総書記に声をかけられる習近平総書記(右)。左は李克強首相=10月22日、北京の人民大会堂(共同)

ポストモダンといわれて久しい現代にあって、中世末期の絶対王政のごとき強権政治があの巨大な中国を舞台に展開されようとしている。第20回中国共産党大会後の重要会議において習近平は2期10年という慣例を破り、3期目の党総書記となった。のみならず、最高指導部の政治局常務委員会7人、中央政治局24人のほとんどを側近で固めた。集団指導体制は崩され、習一極体制となった。

渡辺利夫氏
渡辺利夫氏

現実的基盤欠いた思想

ランキング

  1. 【緯度経度】日本の戦史研究にいそしむ中国 古森義久有料プラン記事

  2. 【産経抄】2月3日無料プラン記事

  3. 【正論】半導体規制、「対中」を避けるな 明星大学教授・細川昌彦無料プラン記事

  4. 【北京春秋】ゼロコロナ終了の春節

  5. 【主張】日本とNATO 協力の深化で平和を守れ

  6. 【主張】「飲む中絶薬」 女性の身体を守る契機に

  7. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事

  8. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感

  9. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  10. 【産経抄】2月2日無料プラン記事