公用車で歩道侵入する事故 宮崎知事がけが

河野俊嗣・宮崎県知事
河野俊嗣・宮崎県知事

宮崎県は5日、河野俊嗣知事を乗せた公用車が4日午後、縁石を乗り越えて歩道に進入する事故を起こしたと発表した。河野氏は頸椎(けいつい)捻挫と腰を打撲する1週間のけが。県秘書広報課によると、公務には支障がないという。同乗の40代男性秘書も首を捻挫し、70代の男性運転手は腰に痛みを訴えている。

県によると、事故は4日午後1時15分ごろ発生。宮崎県新富町内の県道を走行中に、タイヤが道路左側の縁石を乗り越えて歩道上で停止した。河野氏は後部座席に乗車、男性秘書は助手席にいた。運転手のハンドル操作ミスが原因とみられるという。

河野氏は航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)で開催された航空祭を公務で視察した帰りだった。現場は片側1車線で、見通しの良い直線。河野氏は任期満了に伴う8日告示の県知事選へ4選を目指して立候補を予定している。

会員限定記事会員サービス詳細