現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

囲碁のイロハ

第20回 / 十段戦から学ぶ対局の進め方

今年1月にスタートした「囲碁のイロハ」は、いよいよ次回で終了します。これまで、囲碁の打ち方を学んできましたが、最後は実際の対局から進め方を学びます。今年の4月7日に行われた第60期大和ハウス杯十段戦五番勝負第3局、許家元十段と余正麒(よ・せいき)八段の対局の序盤を、2回にわたって鑑賞します。お手元に碁盤がある方は、1から順に、実際に並べてみることをおすすめします。これがいわゆる棋譜並べです。

対局は黒番から始めます。1図をごらんください。黒1です。まずは、陣地にするのに効率が良い隅から打ちます。端から3×4のこの位置は「小目」と呼ばれます。余談ですが、初手は黒から見て右上から打つのがマナーとされています。一説には、白が右手で打ちやすい右下(黒から見ると左上)を空けておくためとされています。

ランキング

  1. 長野の雪崩事故、死亡はフリースタイルスキー選手と報道 米NBC

  2. 未明に緊迫も 中国公船を海保巡視船が寄せ付けず 調査は「成功」尖閣ドキュメント

  3. 高級な「阪急」とデパ地下「阪神」で明暗 中間価格帯が売れない消費行動の二極化

  4. しょうゆ差しなめる迷惑行為動画の掲載判明 スシロー「厳正に対処」

  5. 【朝晴れエッセー】ラジオの声・1月31日

  6. 米俳優アニー・ワーシングさん死去 45歳 ドラマ「24」で女性捜査官役

  7. 尖閣諸島で初のドローン調査 中国公船が領海侵入し、接近

  8. 「シーナ&ロケッツ」鮎川誠さんが死去

  9. 【話の肖像画】歌手・石川さゆり<28> 一人娘は〝陰のプロデューサー〟

  10. 深刻な自然破壊進む…尖閣諸島、ドローン調査