体調悪化の元夫放置、死なせた疑い 87歳女逮捕

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

同居の元夫(89)が体調を崩して倒れたのに放置し死なせたとして、愛知県警北署は4日、保護責任者遺棄致死の疑いで、三重県鈴鹿市の無職、市川和子容疑者(87)を逮捕した。署によると、「放置したことはないと思う」と容疑を否認している。

逮捕容疑は11月20日午後4時半ごろ、当時住んでいた名古屋市北区のアパート室内で、元夫の無職、杉野哲さんが嘔吐(おうと)するなどして倒れたのに必要な救護措置を取らず、同26日までの間に病死させたとしている。

署によると、2人は離婚後、平成20年から同居。生活音がしないことを不審に思ったアパート住人が遺体を見つけ、119番した。

会員限定記事会員サービス詳細