現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月4日

スペイン戦の後半、ライン上にボールを残して田中碧にアシストする三笘薫=ハリファ国際競技場(撮影・村本聡)
スペイン戦の後半、ライン上にボールを残して田中碧にアシストする三笘薫=ハリファ国際競技場(撮影・村本聡)

プロ野球パ・リーグ元審判部長の二出川延明は、意見を曲げない堅物として知られた。

▼その人が球審を務めた試合に逸話がある。本塁上のクロスプレーでアウトを宣告したところ、攻撃側が「ノータッチだ」と食い下がった。猛抗議をはねつけた翌日、スポーツ紙には「これでもアウトか」の見出しとともに、タッチをかいくぐる走者の写真が載った。二出川は言ったという。「これは写真が間違っています」

▼かつてサッカーのワールドカップ(W杯)で世を騒がせた「神の手」しかり。神様は人の目の届かぬところでいたずらをし、伝説という置き土産を残してきた。それゆえ往時茫々の感が強い。W杯カタール大会で日本に金星をもたらしたのは、最新技術による噓のない写真だった。三笘薫選手の伸ばした足がゴールライン上のボールを蹴る瞬間の、あの写真である。

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【ソウルからヨボセヨ】今さら〝戦犯企業〟だと?

  3. 【石原慎太郎 日本よ】「モルヒネ」すら携帯できぬ衛生兵 気の毒な日本の自衛隊

  4. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  5. 【記者発】伝統芸能の扉開くSNSに期待 大阪文化部・田中佐和

  6. 【産経抄】2月4日無料プラン記事

  7. 【日曜に書く】大阪の過去・現在・未来 論説委員・福島敏雄

  8. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  9. 【正論】歴史の類比と日本の備えを問う 同志社大学教授・村田晃嗣無料プラン記事

  10. 【主張】「徴用工」の韓国案 懸念の点がいくつもある