「中国の国際秩序」警戒 米長官、阻止する考え

オースティン米国防長官(AP)
オースティン米国防長官(AP)

オースティン米国防長官は3日、西部カリフォルニア州で開かれた国防関連のフォーラムで演説し、覇権主義的な動きを強める中国について「自国の権威主義的な好みに合わせ、国際秩序を再形成しようとする意図と力を持つ唯一の国だ」と警戒感を示した。その上で、そうした動きを阻止する考えを強調した。

同時に、今後数年間で中国との競争関係の行方がはっきりしてくるとの見方を示し「子どもや孫が、ルールと権利のある開かれた世界を受け継ぐか、力と恐怖で支配する独裁者と向き合うかが決まる」と訴えた。

一方、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を巡り、近くワシントンで英豪の国防相と会談する意向も表明。オーストラリアへの原子力潜水艦の導入を急ぐ考えを示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細