メタの1万1000人もの大量解雇の元凶は、失敗続きのプロジェクトと過剰な採用にある

メタ・プラットフォームズが11,000人もの従業員を解雇(レイオフ)すると発表した。ツイッターを上回る規模の大量解雇の背景には、失敗続きのプロジェクトのために採用した人員が社内に残り続け、“亡霊”のようになっていたことが挙げられる。

暗号通貨の分野に参入するためのメタ・プラットフォームズの野心的な計画「Libra(リブラ)」を覚えているだろうか。TikTokを追い越そうという野心的な試みだった「Lasso」はどうだろうか。InstagramとFacebookを巨大なネット通販プラットフォームに変身させようとしたメタの野心的な計画「Shops」やポッドキャストの計画やビデオ通話システム「Facebook Portal」、Apple Watchに挑もうとしたスマートウォッチなどのプロジェクトと共に、これらの試みもことごとく失敗に終わっている。

すべてをカバーする一大プラットフォームになろうと追求するなかで、メタのCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグはあらゆることを試し、世間の反応を見てきた。そのうちごく一部の貴重なプロジェクトは残ったが、それらに取り組むために採用された人材は残らなかったのだ。

ザッカーバーグは計11,000人ものメタ従業員のレイオフ(一時解雇)を2022年11月9日(米国時間)に発表した。これは全社員の13%にも上る数で、ツイッターが11月4日に解雇した全従業員の50%に相当する人数の約3倍になる。このレイオフについてザッカーバーグは、投資を増やすことを決めた自身の決断、広告目的の個人情報利用についてユーザー側のコントロール権を高めると決めたアップルの決断による広告収入減が元凶としている。

ところが、社内の関係者やメタの動きを社外から追っている人々によると、これは話の全貌のほんの一部でしかないという。「今回のニュースは、パンデミックの数年間を是正するだけのものではありません」と、メタの運営事情を知る元従業員は匿名を条件に語っている。

この元従業員は、レイオフが発表される少し前に退職している。「おそらく過去5年から10年のことだと思います」。つまり、ザッカーバーグがメタバースに入れ込む前からすでに始まっていたことだというのだ。

元従業員によると、損失の一部はFacebook、WhatsApp、Instagramを運営するメタが過去数年で非常に幅広い数々の高リスクな実験的な試みを実施し、失敗してきたことに原因があると考えられるという。

「過去5年間で成功したメタのアプリや機能のうち、買収されたものではないものが思い浮かびません」と、この元従業員は言う。元従業員は「Instagramストーリーズ」がそうかもしれないと言い添えたが、これもSnapchatのアイデアを“拝借”したものだ。

会員限定記事会員サービス詳細