椅子で夫殴った疑い妻逮捕 搬送後に死亡、北海道

北海道警門別署は3日、同居する夫を椅子で殴ったとして、傷害の疑いで日高町富川西5丁目、無職、尾形久美子容疑者(67)を逮捕した。夫は搬送先の病院で死亡が確認された。額などに複数の傷があり、道警は司法解剖して死因を調べ、傷害致死などの容疑を視野に捜査する。

逮捕容疑は2日午後7時半ごろ、自宅で2人暮らしの夫忠志さん(62)の体を脚部分が金属製の折りたたみ式椅子で殴打するなどし、けがをさせたとしている。

道警によると、容疑をおおむね認めている。尾形容疑者から依頼された近所の住人が約25分後に119番した。

会員限定記事会員サービス詳細