首相、女性視点で政策推進 「活力を社会の成長へ」

国際女性会議「WAW!」の開会式であいさつする岸田首相=3日午前、東京都港区
国際女性会議「WAW!」の開会式であいさつする岸田首相=3日午前、東京都港区

政府は3日、女性の権利拡大やジェンダー(社会的性差)平等を目指す国際女性会議「WAW!」を東京都内で開いた。岸田文雄首相は開会式に出席し、女性の視点を反映させた政策を推進すると表明。妻の産休期間中に夫が取得できる「産後パパ育休」などの取り組みを紹介し「あらゆる次元にジェンダーの視点を取り入れ、一人一人の活力を社会の成長へつなげていく」と強調した。

首相は開会式で、女性を取り巻く環境について「社会的格差がいまなお課題だ」と指摘。新型コロナウイルスの感染リスクが高い医療や介護の過酷な労働、ウクライナでのロシア兵による女性への性暴力を例示した。「誰もが生きがいを感じられる社会の実現に向け、今回のWAW!が重要な契機になると期待する」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細