現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月3日

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で2日、日本が優勝候補のスペインを破ったのは、まさに「歴史的な勝利」(岸田文雄首相)だった。にわかファンの抄子が早速、インターネットの産経ニュースで海外の反応を探すと、マドリードからの三井美奈記者の報告を見つけた。

▼「こんなにディフェンスが堅いとは思わなかった」「ディフェンスが堅く、スペインがなかなか切り込めなかった」。注意をひかれたのは、地元のファンたちが日本チームの防御、守備についてたたえていたことである。職業病なのか、そこから日本の防衛はこれで大丈夫かと連想し、気分は沈んだ。

▼折しも小紙は、相手領域内でミサイル発射を阻止するなどの「反撃能力」に関し、防衛省がまとめた基本方針を報じている。それによると、反撃能力の行使は「自衛権行使の3要件」を満たさなければならない。つまり、行使は「必要最小限度」しか許されない。

ランキング

  1. 自民・西田氏「差別禁止は分断生む」LGBT法案

  2. 大阪市長選で自民府連幹部、北野氏推薦「見送り」伝達 自主支援の方針

  3. 司法制度改革の大いなる失敗 早大特命教授・内田貴有料プラン記事

  4. 共産幹部「攻撃されたら党を守らないと」異論の党員除名

  5. 日本領空の気球「撃墜すべき」 自民部会で議論

  6. 立民・維新「無駄発掘」で視察 都内の旧公務員宿舎

  7. 共産「松竹伸幸氏の除名処分について」全文

  8. 外国気球「必要なら」撃墜と防衛相、緊急発進で対応も

  9. <独自>首相、LGBT法案準備を指示 自民、2年前は見送り

  10. 不二越と日本郵便が最低評価 中小との価格交渉や転嫁で 経産省が実名入りリスト公表