刺された女性は重体 車内に血まみれの元交際相手、今月に入りストーカー規制法の禁止命令

画像はイメージ
画像はイメージ

福岡県春日市春日原東町の路上で3日午前、同市に住む専門学校生の女性(21)が首から血を流して倒れ、約400メートル離れた車の中で、血まみれの元交際相手の20代男性が見つかった。2人は病院に運ばれたが、いずれも意識不明の重体。

同日午前0時10分ごろ、女性が「首を刃物のようなもので刺された」と119番。福岡県警春日署によると、女性は首など上半身の複数箇所を刺されていた。元交際相手には12月に入り、ストーカー規制法に基づく禁止命令が出ていた。署が詳しい状況を調べている。

女性は2月ごろから複数回にわたり、トラブルを署に相談。10月中旬、女性に危害を加えるような言動があったという。

車は大破しており、付近のガードパイプには車がぶつかったような痕跡があった。通行人が「血だらけの男性がいる」と110番していた。

女性が見つかった現場は西鉄天神大牟田線春日原駅から南東に約400メートルの住宅街。

福岡の路上で女性刺される 付近で血だらけの男性発見

会員限定記事会員サービス詳細