ラグビー・パナソニックワイルドナイツ、熊谷市の新成人に20円でチケット 埼玉

【東京サントリーサンゴリアス対埼玉パナソニックワイルドナイツ】勝利を確信し天を仰ぐ埼玉・山沢拓也(中央)。右で拳を突き上げるのは堀江翔太=国立競技場 (撮影・山田俊介)
【東京サントリーサンゴリアス対埼玉パナソニックワイルドナイツ】勝利を確信し天を仰ぐ埼玉・山沢拓也(中央)。右で拳を突き上げるのは堀江翔太=国立競技場 (撮影・山田俊介)

17日に新シーズンが開幕するラグビー・リーグワンの埼玉パナソニックワイルドナイツは、本拠地を置く埼玉県熊谷市で来年1月に行われる「成人式」の対象者に、リーグワンの公式戦のチケットを20円の特別優待価格で提供する。通常の前売り価格は3千円で、またとないお祝いとなりそうだ。

優待の対象となるのは、来年1月7日に市内の熊谷ラグビー場で行われる三菱重工相模原ダイナボアーズとの試合。バックスタンドA席のチケットを今月23日からインターネットなどを通じて20円で販売する。別途220円の販売手数料もかかる。入場の際には年齢確認などが行われる。

市の成人式は試合翌日に開催される。今年4月に成人年齢は18歳に引き下げられたが、市ではこれまで通り20歳を対象とする考えで、特別優待価格はこれにちなんだ。対象者は約2千人に上るという。

小林哲也市長は「ラグビーは生で見るとファンになる確率が高い。ぜひ新成人に見てもらい、熊谷の『ワンチーム』の一員となってもらえたら」と期待を込めた。

問い合わせは市ラグビータウン推進課(048・524・1135)。

カッパがどんどん増殖中!? 埼玉南部にカッパと人がともに暮らす「楽園」があった 志木市

会員限定記事会員サービス詳細