日米共同統合演習「キーン・ソード23」ルポ㊤

緊迫する対中関係 護衛艦「いずも」で見た台湾有事のシナリオ

日米共同統合演習「キーン・ソード23」に参加した護衛艦「いずも」甲板=南西諸島東方沖
日米共同統合演習「キーン・ソード23」に参加した護衛艦「いずも」甲板=南西諸島東方沖

自衛隊と米軍の共同統合演習「キーン・ソード23」が11月10日から19日まで鹿児島、沖縄両県の離島などで実施された。日本を取り巻く国際情勢が悪化するなか、日米だけなくオーストラリア、カナダ、英国も参加した大規模演習は、まさに台湾有事を想定したものだった。現場で記者が見たものは-。

日米共同統合演習「キーン・ソード23」ルポ㊦ 南西諸島防衛の拠点・奄美 対露で実績の「ハイマース」を展開

護衛艦「いずも」(出典:海上自衛隊ホームページ)
護衛艦「いずも」(出典:海上自衛隊ホームページ)

海外メディアからも高い注目

14日午前6時半、国内外の記者二十数人を乗せた陸上自衛隊のCH47大型輸送ヘリコプターは、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)を出発した。目的地は自衛隊と米軍の共同統合演習「キーン・ソード23」の共同記者会見場となる自衛隊最大級の護衛艦「いずも」が展開する南西諸島東方沖だ。

取材には香港メディア亞洲週刊や米紙ウォールストリート・ジャーナルの記者も参加しており、海外メディアの関心の高さもうかがえた。離陸から約1時間半後の午前8時過ぎ、艦載機を満載した米海軍の空母「ロナルド・レーガン」が眼下に見え、数分後には「いずも」が姿を現した。

「いずも」に着艦した陸上自衛隊のCH47輸送ヘリコプター
「いずも」に着艦した陸上自衛隊のCH47輸送ヘリコプター

ヘリが「いずも」と並行するような位置につけると、大きな揺れもなく着艦し、甲板に降りるよう指示された。搭乗から着用していた救命胴衣と防音用イヤーマフを外し、甲板に踏み出した。次の瞬間、耳をつんざくような音とともにローターが巻き起こす風、そして海からの強風が甲板上を駆け抜け、身体が持っていかれそうになる。

「止まらないで!」

強風にふらふらとよろめきながらシャッターを切ろうとする記者らの背中を押しながら、自衛官が甲板上の安全な場所に誘導してくれた。甲板上の自衛官たちは強風をものともせず、もちろん記者のようによろめいたりもしない。

われわれが着艦した「いずも」は、全長248メートル、全幅38メートル、高さ約49メートル、基準排水量1万9500トンの日本最大級の護衛艦。全長は東京都庁を横にした長さ、高さはファッションビルの渋谷109とほぼ同じという。地上6階、地下8階で定員470人、最大千人が乗艦でき、対潜哨戒ヘリなど9機が収容可能だ。

「いずも」は全通甲板を持つ護衛艦として平成24年1月に起工し、27年3月に就役した。同型の「かが」が2番艦となり、現在、F35ステルス戦闘機などを恒常的に運用するための改修が施されている。艦は長く、広く、高く、海に浮かぶ要塞そのものだった。

台湾有事想定のキーン・ソード

「キーン・ソード」は昭和60年度から始まり、ほぼ2年に1度実施されてきた。今回の主要なテーマは、グレーゾーン事態から武力攻撃事態に至るまでに発生するさまざまな事象に対して、陸・海・空自衛隊と米軍が共同して対処し、課題を掘り起こすことだった。今年度の訓練は11月10日から19日まで台湾有事などを念頭に鹿児島、沖縄両県の離島などで実施。日米合わせて約3万6千人、艦艇約30隻、航空機約270機が参加した。

さらに豪州とカナダ、英国も艦艇や航空機をそれぞれ派遣し、初めて共同演習に加わった。そのほか弾道ミサイルへの対処や島嶼(とうしょ)防衛などを想定し、宇宙・サイバー・電磁波作戦なども行われた。

一連の作戦の中核を担う「いずも」では、自衛隊制服組トップの山崎幸二統合幕僚長と、在日米軍司令官のリッキー・ラップ中将が記者会見し、強固な日米同盟と抑止力を内外に示す狙いがあった。

「いずもに宿泊も」 どよめく報道陣

「いずも」に着艦して間もなく案内された艦内は、外の騒々しさが信じられないほど静かだった。急な階段を下りると、緑の廊下が延びていた。最長で200メートルあるという。壁は白く無数の配管がむき出しのまま壁面を走り、まるで工場のような印象を受けた。

迷路のような艦内を進み、通されたのは普段は乗員たちが筋トレやレクリエーションなどで使うという甲板直下の「第一保養施設」。ここで共同記者会見の進行や「いずも」の概要などの説明を受けた。

「悪天候で帰りのヘリが飛ぶかどうかわからない。飛ばない場合には『いずも』に宿泊してもらう」

海自幹部が開口一番、こう口にすると、報道陣からどよめきが起こった。幹部が「あくまでも最悪の場合だ」と付け加えると、記者団に安堵(あんど)の色が浮かんだ。

海自が運用する「いずも」は高い戦闘能力を持つ。記者団から自衛隊の艦船と海上保安庁の船舶の違いを問われ、海自幹部は「海保は海の警察で取り締まりが目的だ。こちらは相手に致命傷を与える装備を持つのが最大の違いだ」と語った。一方で、「いずも」の航行海域については、「作戦上の理由」から「南西諸島東方沖」という漠然とした情報のみが伝えられた。

何げないやり取りひとつひとつに緊張感があり、厳しい安全保障の最前線にいるという実感が湧いてきた。

海自の艦に陸自のヘリも

悪天候のため、午前9時半を予定していた共同記者会見は午前9時55分に後ろ倒しになった。これだけ巨大な艦船にもかかわらず、長周期振動のような揺れを感じる。

護衛艦「いずも」の格納庫に収容されていた陸上自衛隊のAH64戦闘ヘリコプター
護衛艦「いずも」の格納庫に収容されていた陸上自衛隊のAH64戦闘ヘリコプター

日米の指揮官の到着を待つ間、「いずも」に関わる歴史資料室や戦時治療所などを案内してもらった。戦時治療所では、負傷した隊員らの治療・手当てができるよう手術室や歯科治療室、ベッドなどがあり、野戦病院そのものだ。

山崎、ラップ両氏の到着が近づき、記者団は再び甲板に戻った。相変わらずの強風で身体が浮きそうになる。しばらくすると、われわれも搭乗したCH47の機影が見えてきた。整然と並ぶ自衛官らが甲板に降りてくる2人の指揮官を緊張した面持ちで出迎えた。両指揮官は何度も握手を交わし、笑顔を見せながら艦内に入っていった。強固な日米同盟のアピールに余念がなかった。

共同記者会見は陸自のAH64戦闘ヘリ2機、海自の対潜哨戒ヘリ2機が納められた格納庫で開かれた。海自幹部は「今回の演習では陸自の隊員100人が乗艦し、AH64が収容されている。かなりレアケースだ」と説明してくれた。陸自と海自のヘリが並ぶ場面は珍しく、演習目的である「共同統合」の一つの事例なのだろう。

「日米同盟の姿を内外に示す」

護衛艦「いずも」での共同記者会見後、自衛隊の山崎幸二統合幕僚長(左から3人目)と、在日米軍司令官のリッキー・ラップ中将(右から3人目)はグータッチで強固な連携をアピールした
護衛艦「いずも」での共同記者会見後、自衛隊の山崎幸二統合幕僚長(左から3人目)と、在日米軍司令官のリッキー・ラップ中将(右から3人目)はグータッチで強固な連携をアピールした

午前9時50分、格納庫に警報音が鳴り響くと、ヘリなどが出撃する際に使う大型昇降機が下降し始めた。山崎、ラップ両氏を筆頭とする日米の将官たちが姿を見せ、2人を先頭に会見台が置かれた場所まで歩いて向かった。

「日米の即応性、相互運用性の向上を通じて日米同盟の抑止力および、対処力を強化するとともに、わが国の防衛および、地域の平和と安定の確保に寄与するものだ」

まずは山崎氏が今回の演習の狙いについて説明し、「私とラップ氏が今回の演習に参加するわが国最大級の護衛艦『いずも』の艦上で、共同記者会見を実施できたことは、揺るぎない日米同盟の姿を内外に示すことができた」と強調した。

南西諸島が演習の主要地域に選ばれた理由について「隙のない防衛態勢を確立するため、今回の演習を南西地域で行うことは大変、意義がある」と説明した。中国とは名指ししなかったが、「台湾統一」に向けて武力行使も辞さない中国を意識した発言だろう。この地域での演習自体が抑止力になるとの意図も透ける。

ラップ氏も今回の演習について「挑発的な勢力を抑止する訓練を行っている。平和を一方的に解体しようとする意志を緩めない人たちがおり、われわれは平和と安定を守るために休むことはできない」と位置づけた。「挑発的な勢力」とは力による現状変更を試みる中国、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮を指していたのは間違いない。

さらに、ラップ氏は日米が実戦的な演習を積み重ねることが有事への即応力、対応力を向上させると訴え、「剣術」「将棋」の達人たちも真の実力を発揮するため、日々の練磨を欠かさないと指摘した。

宮本武蔵は「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす」と『五輪書』に書いたが、ラップ氏の言葉に武蔵が重なった。約30分の記者会見後、山崎、ラップ両氏は再び大型昇降機に乗り、会見場を後にした。

在日米軍司令官とともに陸地へ

午前11時過ぎ、再び記者団は甲板に集められた。甲板の約1キロ先に大きな艦影が見え、米軍ヘリが「いずも」に飛来した。近くにいた國見泰寛海将補が「このヘリは米空母『ロナルド・レーガン』から来たものだ」と説明してくれた。

護衛艦「いずも」の約1キロ先に見える米空母「ロナルド・レーガン」
護衛艦「いずも」の約1キロ先に見える米空母「ロナルド・レーガン」

われわれには姿を見せないが、日米のイージス艦や潜水艦など多数の艦艇が近くの海域に展開しているのだろう。今回は演習の形だが、日米間で日々、緊密に連携しながら「日本」を防衛しているからこそ、われわれは平穏な生活を享受できているという「現実」を思い知った。

ヒトヒトサンマル-。CH47が「いずも」を飛び立った。鹿屋基地に向かうヘリにはラップ氏と副官ら4人も同乗していた。ラップ氏は離陸すると、黒いリュックサックから取り出した缶コーヒーを口にし、チョコレートバーやポテトチップスで空腹を満たしていた。隣に座る副官に何度も勧めて断られる姿がほほえましい。部下思いの人なのだろう。

午後12時20分過ぎ、陸地が見えてきた。大隅半島だ。数分後、左手に志布志国家石油備蓄基地(鹿児島県東串良町、肝付町)の巨大なタンクが眼下を過ぎていった。1時間強のフライトが終わり、鹿屋基地に到着した。

ラップ氏は米軍機でさらに別の場所に向かっていった。「有事」と向き合う最前線から帰投したばかりだったからか、格納庫に納められ、11月21日から運用が始まった米軍の無人偵察機「MQ9」や、基地にある航空機などが生々しく感じられた。いわゆる「陸酔い」状態で、陸に上がっても身体が揺れているような感覚が一晩中続いた。

その夜、防衛省は11月14日午前から午後にかけて、中国軍の無人機など計3機が沖縄本島と宮古島の間を通過して太平洋上を旋回後、東シナ海へ戻ったと発表した。中国軍が「キーン・ソード23」の情報収集を行ったとみられる。

この発表を鹿児島市内のホテルで聞いたとき、演習とは言いながらも、相手に致命傷を与えようとする「敵」と日夜休むことなく対峙(たいじ)し、地域の平和と安定を維持しようと最前線に立ち続ける「いずも」の役割の重要性を実感した。(千田恒弥、写真も)

会員限定記事会員サービス詳細