熊本の中1自殺 元担任の小学教諭を懲戒免職 体罰や暴言など42件

教諭の懲戒免職処分を発表し謝罪する、熊本市の遠藤洋路教育長(左)ら=熊本市役所
教諭の懲戒免職処分を発表し謝罪する、熊本市の遠藤洋路教育長(左)ら=熊本市役所

平成31年に熊本市の中1男子生徒が自殺し、市の第三者委員会が小学6年時の担任教諭による不適切指導で生徒が抑鬱状態を発症した可能性を指摘した問題を巡り、市教育委員会は2日、他の児童らを含む42件の不適切行為があったとして、市立力合西小の吉野浩一教諭(60)を懲戒免職処分にした。

市教委はこれまで、別の小学校に勤務していた26~30年度、吉野教諭が児童らに体罰を加えたり、暴言を吐いたりするなどした計42件の不適切行為を事実認定しており、処分の理由とした。亡くなった生徒についても「複数の児童が教諭の指導を怖がり、登校を渋ったり、学校を休みがちになったりした」に含まれると説明した。

教諭は市教委の聞き取りに反省の弁を述べる一方、「記憶がない」などと否定する発言もあったという。

遠藤洋路教育長は記者会見で「多くの子供、保護者、教職員に深い傷を残し、消えることのない痛みを残した」と陳謝した。

同級生に暴行疑いで書類送検 熊本中1自殺の担任教諭

ノートに「死」「絶望」…担任の不適切指導影響か 第三者委が報告書

会員限定記事会員サービス詳細