性的少数者巡る表現撤回 杉田政務官「反省し謝罪」

杉田水脈総務政務官
杉田水脈総務政務官

杉田水脈総務政務官は2日の参院予算委員会で、性的少数者やアイヌを巡る過去の表現について謝罪し、撤回した。「厳しい批判を重く受け止めている。過去の配慮を欠いた表現を反省し、傷つかれた方々に謝罪し、取り消す」と述べた。社民党の福島瑞穂氏への答弁。これに先立ち松本剛明総務相は記者会見で「傷つかれた方々におわびし、表現を取り消すように申し渡した。内閣の一員として自覚を改めて持ってもらったと受け止めている」と述べた。

野党は更迭を求めたが、岸田文雄首相は同委で「引き続き岸田内閣の方針に沿って職責を果たしていただきたい」と述べ、続投させる意向を示した。

会員限定記事会員サービス詳細