捜査の住宅に侵入横領容疑 栃木、巡査長を懲戒免職

変死体の捜査で訪れたことがある住宅に侵入し、腕時計などを持ち去ったとして、栃木県警は2日、占有離脱物横領などの疑いで、那須塩原署刑事1課の男性巡査長(29)を書類送検し、懲戒免職とした。

書類送検容疑は、変死体の捜査で立ち入ったことがあった同県那須町の住宅から金庫内の現金100万円を持ち出そうと計画。署のパソコンで間取りなどの情報を閲覧した上で、令和3年11月8日、窓ガラスを割って住宅に侵入、現金約8千円と腕時計3個を持ち去ったとしている。金庫は開けられず、中の現金は無事だった。

近隣住民が「空き家から不審な男性が出てきた」と通報し発覚した。男性巡査長は「生活費に使いたかった」と供述した。

県警はまた、かつて勤務していた宇都宮中央署で元年7月、事件処理を失念したことが発覚しないよう、捜査書類をシュレッダーで破棄するなどしたとして、公文書毀棄などの容疑でも書類送検した。

会員限定記事会員サービス詳細