連銀総裁に元CEA委員長 米シカゴ、グールズビー氏

オースタン・グールズビー米シカゴ大教授(左)=AP
オースタン・グールズビー米シカゴ大教授(左)=AP

米シカゴ連邦準備銀行は1日、オバマ政権時代に大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務めたオースタン・グールズビー米シカゴ大教授(53)が次期総裁に就くと発表した。就任は来年1月9日。定年のため退任するチャールズ・エバンス総裁の後任となり、任期は2026年2月28日まで。

グールズビー氏は、米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)で23年に投票権を持つ連銀総裁の1人となる。同氏は「経済が厳しく、前例のない時期を迎えている。シカゴ連銀は管轄地区がこのような時期を乗り越え、繁栄するために手助けする重要な役割を担っている」との声明を出した。

グールズビー氏の専門は実証経済学。製造や航空、自動車などの幅広い業界の研究をしてきた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細