森友文書改竄訴訟、自殺した元職員の妻が控訴

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で自殺した近畿財務局の元職員、赤木俊夫さん=当時(54)=の妻、雅子さん(51)が、佐川宣寿(のぶひさ)元国税庁長官に1650万円の損害賠償を求めた訴訟で、雅子さん側は2日、請求を棄却した大阪地裁判決を不服として大阪高裁に控訴した。

11月25日の地裁判決は、公務員が職務で損害を与えた場合は個人ではなく国が賠償責任を負うと判断。佐川氏の賠償責任を否定した。当初は国も被告だったが、昨年12月に約1億円の賠償請求を受け入れる「認諾」の手続きをとって訴訟を終わらせていた。

佐川元理財局長に「説明や謝罪の法的義務ない」と大阪地裁 森友文書改竄訴訟


会員限定記事会員サービス詳細