大阪・戎橋で早朝から「ニッポン」大合唱 日本勝利でサポーターら集結

日本代表が勝利を決めた直後、大阪・ミナミで歓喜に沸く人たち=2日午前6時10分、大阪市中央区(永田直也撮影)
日本代表が勝利を決めた直後、大阪・ミナミで歓喜に沸く人たち=2日午前6時10分、大阪市中央区(永田直也撮影)

日本が劇的な逆転勝利を飾り、決勝トーナメント進出を決めたスペイン戦。大阪・ミナミの戎(えびす)橋周辺には2日、朝早くからスポーツバーなどで試合を見守ったサポーターらが続々と集結し、「ニッポンコール」の大合唱となった。

試合終了後の2日午前6時過ぎ、朝もやに包まれた戎橋に青色のユニホーム姿で国旗を持った若者らが歓声を上げながら集まった。すれ違いざまに「おめでとう日本!」とハイタッチしたり、サポーター同士で胴上げしたりする光景も。若者らが何度もジャンプして橋が揺れる場面もあったが、大勢の警察官が警戒し、道頓堀川への飛び込みなどの大きなトラブルはなかった。

日本代表を応援するために2日は有給休暇を取ったという兵庫県川西市の男性会社員(31)は「本当に感動した。今日は余韻に浸りたい」と興奮した様子。大阪市天王寺区の会社員、富田千絵子さん(27)も「逆転したときは本当にうれしかった」と喜びを爆発させた。

会員限定記事会員サービス詳細