現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

道昭 日本仏教を形作る

(4)10年余りの「天下周遊」 戦乱と社会不安から民衆を救済

道昭の活動を支えたとみられる梶原寺(廃寺)の建物礎石。瓦窯も備えていた=大阪府高槻市
道昭の活動を支えたとみられる梶原寺(廃寺)の建物礎石。瓦窯も備えていた=大阪府高槻市

遣唐留学僧として唐に渡り、多くの仏教経典をわが国にもたらした飛鳥時代の高僧、道昭(どうしょう)(629~700年)が活動したのは、東アジアの情勢が緊迫し、国内の社会不安が高まっていた時期だった。その中で10年余り、「天下を周遊した」(続日本紀)という道昭。仏教の民間布教を進めながら土木事業を展開したとされるが、その具体的な動向が近年の研究で徐々に明らかになっている。活動は近畿を中心に広い範囲に及んでいたことが分かり、その背景には「重苦しい社会不安にさいなまれる人たちの救済」という思いがあったとみられている。

板状の仏像

道昭が「天下周遊」に出たのは、天智元(662)年に飛鳥寺の禅院が完成した後だったという。10年余りに及んだとされる周遊。その動向で文献上、明らかなのは宇治橋(京都府宇治市)と山崎橋(同府大山崎町)の架橋だが、文献資料からは、それ以外ほとんどわかっていなかった。

その道昭の動向を知るうえで注目されているのが、「火頭形塼仏(かとうけいせんぶつ)」の存在。塼仏は粘土で型抜きし、焼き上げた板状の仏像で、寺院の内壁にはめこんだりして、まつられていたとみられている。その塼仏の中で、上部がとがった形のものを火頭形という。

山崎廃寺の推定地から見つかった火頭形三尊塼仏(大山崎町教委提供)
山崎廃寺の推定地から見つかった火頭形三尊塼仏(大山崎町教委提供)

ランキング

  1. 3年ぶり「舞いあがれ!」 コロナ終息願い福原遥さんや赤楚衛二さんら豆まき 大阪成田山不動尊

  2. 【私の受験時代】米大学院に進学したビリギャルは語る「地頭じゃない。環境だよ」小林さやかさん

  3. 田辺三菱、コロナワクチン撤退 カナダで承認も商用化を断念

  4. 「前から狙われていた」事前に特殊詐欺電話、広域強盗に酷似 対策どうすれば…

  5. 包丁刺さった高齢女性遺体 61歳男逮捕、山口・防府

  6. 3歳弟踏みつけ死なせた24歳姉が語った「劣悪」環境

  7. MBSの高井美紀アナ死去 55歳、「VOICE」「皇室アルバム」を担当

  8. 崖っぷちの共産、大阪府議選で議席ゼロか 「異論許さぬ体質要因」有料プラン記事

  9. 【私の受験時代】見返したい、その一心で9浪で早稲田大 濱井正吾(9浪はまい)さん

  10. 全身ふわふわ ウサギの赤ちゃん 神戸で一般公開