現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

道昭 日本仏教を形作る

(4)10年余りの「天下周遊」 戦乱と社会不安から民衆を救済

道昭の活動を支えたとみられる梶原寺(廃寺)の建物礎石。瓦窯も備えていた=大阪府高槻市
道昭の活動を支えたとみられる梶原寺(廃寺)の建物礎石。瓦窯も備えていた=大阪府高槻市

遣唐留学僧として唐に渡り、多くの仏教経典をわが国にもたらした飛鳥時代の高僧、道昭(どうしょう)(629~700年)が活動したのは、東アジアの情勢が緊迫し、国内の社会不安が高まっていた時期だった。その中で10年余り、「天下を周遊した」(続日本紀)という道昭。仏教の民間布教を進めながら土木事業を展開したとされるが、その具体的な動向が近年の研究で徐々に明らかになっている。活動は近畿を中心に広い範囲に及んでいたことが分かり、その背景には「重苦しい社会不安にさいなまれる人たちの救済」という思いがあったとみられている。

板状の仏像

道昭が「天下周遊」に出たのは、天智元(662)年に飛鳥寺の禅院が完成した後だったという。10年余りに及んだとされる周遊。その動向で文献上、明らかなのは宇治橋(京都府宇治市)と山崎橋(同府大山崎町)の架橋だが、文献資料からは、それ以外ほとんどわかっていなかった。

その道昭の動向を知るうえで注目されているのが、「火頭形塼仏(かとうけいせんぶつ)」の存在。塼仏は粘土で型抜きし、焼き上げた板状の仏像で、寺院の内壁にはめこんだりして、まつられていたとみられている。その塼仏の中で、上部がとがった形のものを火頭形という。

山崎廃寺の推定地から見つかった火頭形三尊塼仏(大山崎町教委提供)
山崎廃寺の推定地から見つかった火頭形三尊塼仏(大山崎町教委提供)

ランキング

  1. 「一帯一路」で物議 吉村知事、経済安保で港湾提携に関与も

  2. 遊郭の面影残す飛田新地を3D映像に メディアアーティストの落合陽一氏 関西芸術祭で作品展示へ有料プラン記事

  3. 留置施設にプレステVita持ち込む、40代巡査部長を注意処分 兵庫県警

  4. 【メガプレミアム】顔面火あぶり、監禁、踏みつけ…「邪魔な存在」3歳児を不条理な死に追いやった虐待地獄 救える命救う仕組みを

  5. 富雄丸山古墳の国宝級遺物 研究者驚嘆の技術力、巨大円墳の中心被葬者は…有料プラン記事

  6. 【小林繁伝】波乱の契約更改「僕が辞めるか、常務が辞するか」 虎番疾風録其の四(148)

  7. 【小林繁伝】金も出すが口も出す…名物オーナーの死去 虎番疾風録其の四(150)

  8. 女性乱暴、下着奪った疑い 愛知で消防職員の男逮捕

  9. 山上容疑者に現金100万円超 拘置所に差し入れ続々

  10. 生活支配か、殺人容疑で男逮捕 堺の集合住宅に遺体