野球部監督、バットで部員の頭殴打 甲子園7回出場の和歌山商高

和歌山県立和歌山商業高校(和歌山市)の野球部で、男性監督(64)が練習中、1年生部員の男子生徒(16)の頭をヘルメットの上から木製バットでたたき、けがをさせていたことが2日、分かった。生徒の父親が学校に相談し、発覚した。生徒から被害届の提出を受けた和歌山県警和歌山西署が傷害事件として捜査している。

同校などによると、10月15日午前、グラウンドで練習中、ノックのボールを渡していた生徒に監督が「球出しが遅い」などと言い、両手で持った木製バットで頭をたたいた。生徒は打撲の軽傷を負い、適応障害とも診断されて退部した。

同17日に父親から相談を受けた学校は、監督の行為を「行き過ぎた指導」と認めた。監督は現在指導を自粛している。学校側が部員らに聞き取り調査した結果、監督には他にも複数回、体罰をしていた疑いがあるという。

中村憲司校長は産経新聞の取材に対し「生徒には大変申し訳ない。今後このような行為がないよう努めていきたい」と話した。

同校野球部は春夏の甲子園に計7回出場している。

会員限定記事会員サービス詳細