史上初の大みそか決戦…“逃走者”第1弾発表

パ・リーグ盗塁王のロッテ・高部瑛斗が参戦(C)フジテレビ
パ・リーグ盗塁王のロッテ・高部瑛斗が参戦(C)フジテレビ

番組開始から18年で初めて大みそかの夕方から年越し直前まで約7時間放送される「逃走中~2022大晦日 超大型スペシャル~」(仮、31日後5・0、フジテレビ系)。

板野友美、ELLY(下)らも逃走する(C)フジテレビ
板野友美、ELLY(下)らも逃走する(C)フジテレビ

その第1弾の出演者として板野友美、ELLY(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、KENZO(DA PUMP)、JP、高部瑛斗(ロッテ、今季パ・リーグ盗塁王)、萩原利久、濱口優(よゐこ)、原口あきまさ、ヒコロヒー、馬瓜エブリン(女子バスケットボール東京五輪銀)、三田寛子(五十音順)を発表。過去最多となる逃走者たちが続く。

「逃走中」は、限られたエリアの中でハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲーム。今回の舞台は東京臨海副都心・お台場。ミッションでは巨大ロボット、異形アンドロイド、地上最速の新型ハンターが初登場。さらに戦闘アンドロイド・忍の参戦も決定し、新たな仕掛けで22年の最後を恐怖で締めくくる。

出演者は「いつも大みそかはライブや歌番組に参加させていただいたが、初めてこのような番組に出演させていただきありがたく思っている」(ELLY)、「映画のワンシーンのような迫力あるセットでびっくり。テレビカメラもたくさんあって久々に年末の特番すごい!と 度肝を抜かれた」(板野)とそれぞれ興奮の面持ち。

アスリートたちも「バスケ仲間と見たい。夢中になりすぎてカメラマンさんを置いて行ってしまったのが大反省」(馬瓜)、「今まで見てきた『逃走中』よりもスケールが大きくて楽しかった」(高部)と満足そうだった。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細