萩生田政調会長「5年で防衛費43兆円を全力確保」

自民党の萩生田光一政調会長=東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)
自民党の萩生田光一政調会長=東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)

自民党の萩生田光一政調会長は2日、自民党安倍派(清和政策研究会、97人)の塩谷立(しおのや・りゅう)、下村博文両会長代理と党本部で面会し、防衛力の抜本的な強化に向けた防衛費について、来年度から5年間で43兆円規模の確保を目指す方針で一致した。

同席した大塚拓元財務副大臣によると、政府が防衛費を40~43兆円で調整していることを踏まえ、萩生田氏は「43兆円という金額を全力で確保していこう」と述べた。

同派は48兆円規模の防衛費確保を求める提言をまとめたが、大塚氏は「43兆円は、実質的な防衛力の増強に影響が出ないぎりぎりの水準だ」と説明した。

財源に関しては萩生田氏は「いろいろな議論があるので、しっかり時間をかけて議論をしていくべき」だと語ったという。

萩生田政調会長、防衛費増の財源「2年間は国債で」

会員限定記事会員サービス詳細