現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月2日

ニューヨークに住む男が妻を殺害し、愛人の協力を得てアリバイを作り上げる。ところが、思わぬ事態が発生して…。1960年に雑誌に発表された短編小説が、日本でもファンが多いテレビドラマシリーズ「刑事コロンボ」の原型となる。

▼刑事が主人公となるよう脚本が書き換えられて、8年後に放映されたのが第1作の「殺人処方箋」だった。社会的地位の高い犯人が完全犯罪をもくろむものの、風采が上がらずさほど優秀そうでない刑事にアリバイを見事に崩される。

▼コロンボ刑事の名セリフがシリーズの特徴をよく言い表している。「犯人は頭がよくても殺しには素人ですからね。ところがあたしらにとって殺しって奴(やつ)は仕事でしてね」

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  3. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  4. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  5. 【大阪「正論」懇話会】中国の脅威に「経済と軍事の準同盟関係で対抗を」 評論家・江崎道朗氏 

  6. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  7. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事

  8. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  9. 【正論】「抗がん剤効果少ない」との発表 高齢者がん治療方針を転換せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  10. 【iRONNA発】北朝鮮有事 日本が取るべき選択肢はこれしかない 松竹伸幸氏