現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月2日

ニューヨークに住む男が妻を殺害し、愛人の協力を得てアリバイを作り上げる。ところが、思わぬ事態が発生して…。1960年に雑誌に発表された短編小説が、日本でもファンが多いテレビドラマシリーズ「刑事コロンボ」の原型となる。

▼刑事が主人公となるよう脚本が書き換えられて、8年後に放映されたのが第1作の「殺人処方箋」だった。社会的地位の高い犯人が完全犯罪をもくろむものの、風采が上がらずさほど優秀そうでない刑事にアリバイを見事に崩される。

▼コロンボ刑事の名セリフがシリーズの特徴をよく言い表している。「犯人は頭がよくても殺しには素人ですからね。ところがあたしらにとって殺しって奴(やつ)は仕事でしてね」

ランキング

  1. 【世界の論点】中国人口、61年ぶり減少 米メディア 衰退で「台湾侵攻」誘発懸念有料プラン記事

  2. 【主張】古墳時代の発見 日本文化の豊かさ示した

  3. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  4. 【産経抄】無料プラン記事

  5. 【正論】覚悟なき日本人の安全保障戦略 東京国際大学特命教授・村井友秀無料プラン記事

  6. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  7. 【日本の未来を考える】停滞と安定の壁 壊す時 東京大名誉教授 伊藤元重

  8. 【浪速風】なかったことにしないで

  9. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  10. 【主張】衆院選「一票」判決 不断の格差見直し怠るな