中学生棋士の仲邑三段、女流棋聖戦の挑戦者決定戦で藤沢女流本因坊と対戦へ

第26期女流棋聖戦の挑戦者決定戦進出を決めた仲邑菫三段は、クリスマスツリーの前で笑顔をみせた
第26期女流棋聖戦の挑戦者決定戦進出を決めた仲邑菫三段は、クリスマスツリーの前で笑顔をみせた

囲碁の中学生棋士、仲邑菫三段(13)が1日、東京都千代田区の日本棋院で行われた第26期女流棋聖戦の準決勝に出場、向井千瑛(ちあき)六段(34)に黒番中押し勝ちし、挑戦者決定戦に進出した。8日に打たれる藤沢里菜女流本因坊(24)との一戦に勝利すれば、来年1月開幕予定の三番勝負で、3連覇がかかる上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(21)と戦うことになる。

「序盤から難しい、苦しい戦い。途中で打ちやすくなった」と振り返った仲邑三段は「(次の相手は)強い先生。自分の力を出せるよう全力で戦いたい」と語った。

予選を勝ち抜き、4期続けて16人による本戦トーナメントに入った仲邑三段は、佃亜希子六段(51)や牛栄子(にゅう・えいこ)四段(23)に勝利してきた。この日破った向井六段は平成25年に女流本因坊のタイトルを獲得したほか、22年から3期連続で女流名人戦三番勝負に挑んだ実力者。

持ち時間が両対局者に3時間ずつある十段戦などとは異なり、女流棋聖戦は持ち時間がなく、1手30秒以内に打つことが求められる早碁(1分の考慮時間は10回ある)。じっくり考えることが多い仲邑三段だけに「以前は(持ち時間が短い対局は)得意ではなかったが、対局を重ねることで慣れてきた部分はある」と成長も感じているよう。

プロ4年目の仲邑三段は今年4月、全タイトルを通し史上最年少の13歳1カ月で女流名人戦三番勝負に挑んだが、藤沢女流名人に敗れた。7月にはトーナメントの扇興杯女流最強戦決勝に進むも、牛四段に敗れタイトル獲得を逃している。それでも昨年の勝ち星をすでに上回る44勝(22敗)と着実に力をつけており、大舞台登場の可能性は大いにある。「上野先生と番碁(挑戦手合)を打ってみたい気持ちはある」と意欲をみせた。

会員限定記事会員サービス詳細