「裏も表も動く案件」と脅し、残り9万円も要求 KAT-TUN元メンバーを送検

恐喝容疑で逮捕され、京都府警伏見署から送検される元KAT-TUNメンバーの田中聖被告=1日午前10時26分、京都市伏見区(渡辺恭晃撮影)
恐喝容疑で逮捕され、京都府警伏見署から送検される元KAT-TUNメンバーの田中聖被告=1日午前10時26分、京都市伏見区(渡辺恭晃撮影)

知人女性から1万円を脅し取ったとして恐喝容疑で京都府警伏見署に逮捕された人気アイドルグループ「KAT-TUN(カトゥーン」の元メンバー、田中聖(こうき)容疑者(37)が、1万円を受け取った後に残りの9万円の支払いも要求していたことが1日、同署への取材で分かった。同署は1日午前、田中容疑者を送検した。

同署によると、田中容疑者は当初、女性に10万円を要求。昨年6月21日に女性が1万円を振り込んだ後、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で9万円も催促した。ラインでは「裏も表も動く案件だぞ」とも送信し、反社会的勢力の存在をほのめかしたとみられる。

捜査関係者によると、田中容疑者は取調中に雑談には応じるものの、認否については留保している。

1日午前10時半すぎ、田中容疑者を乗せた車両は伏見署を出発。後部座席に座った田中容疑者は、マスク姿でフードをかぶってうつむいた状態だった。

田中容疑者の送検容疑は昨年6月、京都市伏見区に住む知人女性(36)の紹介で出たライブの出演料が未払いだと因縁をつけ、現金を脅し取ろうと計画。ラインで「1秒でも早く10万揃えてキッチリ払え」「なめた対応ならさすがに俺も考えるぞ」などと送って脅し、女性に1万円を送金させたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細