現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

道昭 日本仏教を形作る

(3)飛鳥時代に手がけたインフラ整備 行基に受け継がれ

続日本紀に道昭が造ったと記されている宇治橋。周辺に当時の宇治橋があったとみられる=京都府宇治市
続日本紀に道昭が造ったと記されている宇治橋。周辺に当時の宇治橋があったとみられる=京都府宇治市

遣唐留学僧として唐に渡り、多くの経典を持ち帰った飛鳥時代の高僧、道昭(629~700年)。続日本紀」は「和尚(道昭)は天下を周遊して、路傍(ろぼう)(道のほとり)に井戸を掘り、各地の津済(しんさい)(渡し場)に船を設け、橋を造る」と、多彩な社会事業を展開したことを記している。それは伝道と社会事業の一体的な展開だったとみる向きもある。

宇治橋の架橋

道昭は8年に及ぶ唐への留学から帰国した年の翌年(662年)、留学前まで修行していた飛鳥寺(奈良県明日香村)の東南隅に禅院を建設。仏教の教えを広める活動をしていたが、その後、禅院を出て各地を巡りながら、布教した。その過程で、さまざまな事業を行ったとみられている。そのひとつとして、続日本紀は「山背(やましろ)(京都府南部)の宇治橋(宇治市)は和尚(道昭)が造ったものである」としている。

宇治橋をめぐっては、架橋の由緒を記した石碑(宇治橋断碑)の断片が、橋近くの寺院から発見されている。その碑には、宇治川の強い流れと渡河の困難さに加え、僧の道登(どうとう)が大化2(646)年に架橋し、人や動物が渡れるようにした、と書かれている。

道登は道昭同様、飛鳥寺で修行していたことが知られており、いわば先輩と後輩。だが、社会事業の活動時期は十数年のずれがあったとみられる。諸説はあるものの、道登が建設した宇治橋をその後道昭が改修したか、架け替えたとの見方が有力になっている。

ランキング

  1. 〈特報〉鶴橋鮮魚市場 縮小し再建へ テナント側も応諾、法廷闘争に終止符

  2. 【「非維新」会見詳報】「党派の問題ではない」「私は欲張りボディー」と谷口氏 過去の自民批判に 大阪ダブル選

  3. 女児焼死の再審無罪、2審も国の責任認めず 大阪高裁

  4. 国文化財の駅舎をハイキックで損壊 少年3人を逮捕、スマホで動画撮影も

  5. 福井・池田への移住者に「都会風やめて」 広報誌の提言に批判

  6. 【時刻表は読み物です】3月号で索引地図から貨物線が消える 大阪駅「うめきた」地下ホーム開業

  7. 神戸の宝飾店強盗、指名手配の32歳男逮捕 「やってない」容疑否認

  8. 「一帯一路」で物議 吉村知事、経済安保で港湾提携に関与も

  9. 【小林繁伝】王が初めて一発を放った「もう一つの誕生日」 虎番疾風録其の四(158)

  10. 【小林繁伝】「普通の野球選手に…」 キャンディーズと同じ心境 虎番疾風録其の四(161)