現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

道昭 日本仏教を形作る

(3)飛鳥時代に手がけたインフラ整備 行基に受け継がれ

続日本紀に道昭が造ったと記されている宇治橋。周辺に当時の宇治橋があったとみられる=京都府宇治市
続日本紀に道昭が造ったと記されている宇治橋。周辺に当時の宇治橋があったとみられる=京都府宇治市

遣唐留学僧として唐に渡り、多くの経典を持ち帰った飛鳥時代の高僧、道昭(629~700年)。続日本紀」は「和尚(道昭)は天下を周遊して、路傍(ろぼう)(道のほとり)に井戸を掘り、各地の津済(しんさい)(渡し場)に船を設け、橋を造る」と、多彩な社会事業を展開したことを記している。それは伝道と社会事業の一体的な展開だったとみる向きもある。

宇治橋の架橋

道昭は8年に及ぶ唐への留学から帰国した年の翌年(662年)、留学前まで修行していた飛鳥寺(奈良県明日香村)の東南隅に禅院を建設。仏教の教えを広める活動をしていたが、その後、禅院を出て各地を巡りながら、布教した。その過程で、さまざまな事業を行ったとみられている。そのひとつとして、続日本紀は「山背(やましろ)(京都府南部)の宇治橋(宇治市)は和尚(道昭)が造ったものである」としている。

宇治橋をめぐっては、架橋の由緒を記した石碑(宇治橋断碑)の断片が、橋近くの寺院から発見されている。その碑には、宇治川の強い流れと渡河の困難さに加え、僧の道登(どうとう)が大化2(646)年に架橋し、人や動物が渡れるようにした、と書かれている。

道登は道昭同様、飛鳥寺で修行していたことが知られており、いわば先輩と後輩。だが、社会事業の活動時期は十数年のずれがあったとみられる。諸説はあるものの、道登が建設した宇治橋をその後道昭が改修したか、架け替えたとの見方が有力になっている。

ランキング

  1. 遊郭の面影残す飛田新地を3D映像に メディアアーティストの落合陽一氏 関西芸術祭で作品展示へ有料プラン記事

  2. 【小林繁伝】金も出すが口も出す…名物オーナーの死去 虎番疾風録其の四(150)

  3. 【再考・犯罪被害者】「どうして過失なの」飲酒の影響認められず 娘失った母親の5年半

  4. 生活支配か、殺人容疑で男逮捕 堺の集合住宅に遺体

  5. 富雄丸山古墳の国宝級遺物 研究者驚嘆の技術力、巨大円墳の中心被葬者は…有料プラン記事

  6. 【メガプレミアム】顔面火あぶり、監禁、踏みつけ…「邪魔な存在」3歳児を不条理な死に追いやった虐待地獄 救える命救う仕組みを

  7. 留置施設にプレステVita持ち込む、40代巡査部長を注意処分 兵庫県警

  8. ピーチの機内ふるさと納税、新たに泉佐野市など5市で実証実験

  9. 【動画】乗客誘導まで3時間缶詰め、長すぎ…トイレ「これが限界だ」 JR片町線トラブル

  10. 「清原ジュニア」の慶応、連覇狙う大阪桐蔭など36校選出 選抜高校野球