準備不十分なまま装置内に入ったか、三重の2人死亡事故

事故があった「チヨダウーテ」の工場から出る救急車両=11月28日午後、三重県川越町
事故があった「チヨダウーテ」の工場から出る救急車両=11月28日午後、三重県川越町

三重県川越町の石こうボード製造業「チヨダウーテ」の装置内で男性作業員3人が灰に埋まり、このうち2人が死亡した事故で、装置の内壁に付着した木くずの灰を外からたたいて落とす準備作業が不十分なまま、3人が装置内に入った疑いがあることが1日、同社関係者への取材で分かった。三重県警は、定められた手順が十分に守られていなかった可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。

事故は11月28日午前に発生。3人は冷却装置内を点検、清掃中に、上部から落ちてきた灰に埋まった。いずれも業務委託会社社員の奥田真司さん(51)とミャンマー国籍のティンタンミンさん(33)が死亡した。

チヨダウーテの関係者によると、冷却装置はボイラーで焼却した木くずを冷ますもので、高さ約12メートル、直径約3メートルの筒状。冷却の過程で装置の内壁に灰が付着するため、高い位置にあるものは外部からハンマーでたたいて落としてから中に入る手順になっている。


会員限定記事会員サービス詳細