現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月1日

試合後、ゴミ拾いする日本サポーター =ハリファ国際競技場(撮影・村本聡)
試合後、ゴミ拾いする日本サポーター =ハリファ国際競技場(撮影・村本聡)

今日から12月、そろそろ大掃除が気になる時期である。先週、落葉掃除をテーマにした「朝晴れエッセー」が目に留まった。作者が小学生の頃、庭と道路の清掃を手伝っていると、母親から言い聞かされたという。

▼「お隣との境界きっかりにせん(しない)で、1メートルくらい先まで掃くと(の)よ」。この一文から、今年8月に90歳で亡くなった稲盛和夫さんのエピソードを思い出した。稲盛さんが京都商工会議所の会頭に就任すると、まず取り組んだのが「門掃(かどは)き運動」である。

▼本人が先頭に立って繁華街を掃いて回り、市の美化条例の施行につながった。「門掃き」とは、自分の家だけでなく、両隣やお向かいの家の前も少しだけ掃除する気遣いをいう。

ランキング

  1. 【産經抄】1月31日無料プラン記事

  2. 【風を読む】「かぐや姫」もびっくり 教研集会の事例 論説副委員長・沢辺隆雄有料プラン記事

  3. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  4. 【政界 十六夜】不評の「長男起用」が意味するもの 石井聡有料プラン記事

  5. 【浪速風】歴史を変えた伝統芸能

  6. 【主張】被害者の心情伝達 真の反省引き出す制度に

  7. 【主張】古墳時代の発見 日本文化の豊かさ示した

  8. 【主張】広域強盗団 指示役の身柄移送を急げ

  9. 【大阪特派員】「幸せな何か」という余白 木村さやか有料プラン記事

  10. 【ポトマック通信】「ヘリコプター両親」