高校の女子トイレにカメラ設置し盗撮 千葉市立高教諭を逮捕

高校の女子トイレに入り小型カメラを設置して盗撮したとして、建造物侵入と県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、千葉県警千葉西署は1日、千葉市花見川区、千葉市立稲毛高教諭、滝口大介容疑者(36)を逮捕した。「女性を撮影する目的で小型カメラを設置したことに間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、11月29日ごろ、同校の女子トイレに侵入し、個室のコンセント部分に小型カメラを設置し撮影したとしている。

署によると、同日午後に学校関係者から「女子トイレのコンセント部分に不審物がある」と電話があり、カメラの解析を始めた。先月30日の午後2時過ぎに滝口容疑者が「大変なことをしてしまった」などと同署に出頭してきたという。同署は余罪を含めて捜査を進める。

市立稲毛高によると、滝口容疑者は今年度から赴任した国語科の常勤教諭で、高校3年の副担任も務め、仕事熱心だったという。

会員限定記事会員サービス詳細