健康な人の便の細菌群が薬に 米FDAが初承認、感染再発を抑制

米東部メリーランド州にある食品医薬品局(FDA)本部(ロイター)
米東部メリーランド州にある食品医薬品局(FDA)本部(ロイター)

米食品医薬品局(FDA)は11月30日、健康な人の便に含まれる細菌群を初めて医薬品として承認した。クロストリジウム・ディフィシルという細菌の感染症を繰り返す18歳以上の患者が対象で、肛門から薬を注入し、腸内細菌のバランスを回復させて再発を抑える。

原因となる細菌は普段から腸内にいるが、抗生物質で他の細菌が減ったり、免疫が弱ったりすると増殖し、毒素を作って下痢や腹痛を引き起こす。命に関わることもあり、米国では年1万5千~3万人が死亡している。

薬はスイスの製薬企業フェリング・ファーマシューティカルズが開発。便の提供を受けて細菌群を精製し、安全性を確かめた上で溶液にした。

約260人が参加した臨床試験では、この薬を投与された患者の70・6%で2カ月にわたり再発を抑制。うち90%超が半年後まで抑えられた。一方、薬効のない偽薬を投与された患者で2カ月間、再発しなかったのは57・5%にとどまった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細