自民・塩谷氏「防衛費の安定財源の年内決着困難」

塩谷立氏
塩谷立氏

自民党安倍派(清和政策研究会、97人)の塩谷立(しおのや・りゅう)会長代理は1日の派閥会合で、防衛力の抜本的な強化に必要な防衛費の財源について「最終的に安定財源が年内に決着できるかというのは本当に難しい」との認識を示した。「もちろん安定財源が必要だが、今の状況でどこまでできるかということだと思う」とも述べた。塩谷氏は党税制調査会の小委員長を務めている。

岸田文雄首相は、年末までに防衛費の規模や財源確保の措置を一体的に決定する方針を示している。政府・与党内には財源を増税に求める意見がある。

会員限定記事会員サービス詳細