エスカレーターで「迷惑だ」と80代男性に暴行 容疑の60代男を逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京・JR秋葉原駅のエスカレーターで80代男性が立ち止まっていたことなどに腹を立て、暴行して重傷を負わせたとして、警視庁万世橋署は、傷害の疑いで住所不詳、自称会社役員、南浩明容疑者(61)を逮捕した。「蹴ってはいない」と容疑を一部否認している。

万世橋署によると、ホームから降りるエスカレーターの中央付近に立っていた男性に、後ろから歩いて来た南容疑者が「迷惑なんだよ」などと因縁をつけ、男性が「エスカレーターは歩くもんじゃない」と反論。エスカレーターを降りた後に男性に暴行を加えたとみられる。

JR東日本などは、エスカレーター上の事故が相次いでいるとして歩いて上らずに立ち止まっての利用を呼びかけている。

逮捕容疑は1月29日午後6時半ごろ、東京都千代田区の秋葉原駅で男性を投げたり蹴ったりして、腰の骨を折る重傷を負わせたとしている。

万世橋署が駅の防犯カメラ映像を解析するなどして調べていた。

会員限定記事会員サービス詳細