薗浦議員側、4千万円不記載か 東京地検が秘書聴取

東京地検が入るビル(松本健吾撮影)
東京地検が入るビル(松本健吾撮影)

自民党の薗浦健太郎衆院議員(50)=千葉5区=側が政治資金パーティーで得た収入の一部を政治資金収支報告書に記載していなかった疑いがあるとして、東京地検特捜部が薗浦氏の公設第1秘書を任意で事情聴取していたことが30日、関係者への取材で分かった。不記載分は約4千万円に上るとみられる。政治資金規正法が禁じる不記載や虚偽記載にあたる可能性があり、特捜部は慎重に捜査を進めているもようだ。

同日午後、国会内で報道陣の取材に応じた薗浦氏は不記載について「事前に報告は受けていない」と否定。「ずさんな処理が明らかになり、お騒がせしていることをおわびする。チェック不足で私自身にも責任がある」と陳謝し、専門家に調査を委託するとした。

不記載などの疑いが持たれているのは、薗浦氏が代表で、公設第1秘書が会計責任者などを務めた資金管理団体「新時代政経研究会」。収支報告書によると、平成30年~令和2年、東京都内のホテルで計6回パーティーが開かれ、計約4362万円の収入があったと記載している。

代表が薗浦氏ではなく、公設第1秘書が会計責任者などを務めた「そのうら健太郎後援会」は平成29年~令和元年に計3回パーティーを開き、計約1千万円の収入があったとしている。

実際の収入はさらに約4千万円多かったとみられる。

薗浦氏側は平成31年4月のパーティーの収支(収入162万円、支出約46万円)を記載していなかったとして収支報告書を訂正。この訂正に対し昨年、同法違反罪で告発されていた。

薗浦氏は読売新聞記者や麻生太郎自民党副総裁の政策秘書を経て、17年の衆院選で初当選し現在5期目。安倍晋三内閣で外務副大臣や首相補佐官を歴任した。現在は衆院法務委員会の筆頭理事を務めている。

会員限定記事会員サービス詳細