天皇、皇后両陛下、馬頭琴の演奏ご鑑賞 モンゴル外交関係樹立50年記念

モンゴルのフレルスフ大統領夫妻との会見に臨まれる天皇、皇后両陛下=30日午後、皇居・御所(宮内庁提供)
モンゴルのフレルスフ大統領夫妻との会見に臨まれる天皇、皇后両陛下=30日午後、皇居・御所(宮内庁提供)

天皇、皇后両陛下は30日、東京都渋谷区のホールで、日本とモンゴルの外交関係樹立50周年などを記念して行われた「モンゴル国立馬頭琴交響楽団」の演奏会を鑑賞された。

楽団は遊牧民族の伝統楽器「馬頭琴」を中心に、東洋、西洋のさまざまな楽器で構成。天皇陛下は平成19年にモンゴルを訪問した際、ビオラを弾いて楽団と共演されたことがある。

両陛下は午後6時過ぎにホールにご到着。出迎えた同国のフレルスフ大統領夫妻とともに席に着き、馬頭琴の独特の調べに耳を傾けられていた。

これに先立ち、両陛下は皇居・御所で大統領夫妻とご会見。宮内庁によると、19年の陛下の訪問について、大統領が「国民の間で今も語り継がれています」と話すと、陛下は「大変温かく迎えていただき、懐かしい思い出となっています」と応じられたという。

会員限定記事会員サービス詳細