宮台真司さん襲撃事件、逃走の男「暗くて分からず」講義後襲撃、行動把握か

宮台真司さん
宮台真司さん

東京都八王子市の東京都立大南大沢キャンパス敷地内で29日、同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が男に首などを切り付けられて重傷を負った事件で、宮台さんが「暗がりで男が誰か分からない」と説明していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。

同キャンパス内に設置された防犯カメラの画像には、犯人とみられる男の逃走する姿が写っており、警視庁捜査1課は防犯カメラ画像の解析を進めるなど、殺人未遂容疑で逃げた男の行方を追っている。

捜査関係者によると、事件は29日午後4時20分ごろに発生。宮台さんは歩道を歩いていた際に背後から頭を殴られた上、後頭部や首付近などを刃物で複数回切り付けられ、全治1カ月の重傷を負った。両腕には抵抗した際にできる防御創が複数あり、男は執拗に宮台さんを襲ったとみられる。現場から凶器は見つかっていない。

宮台さんは、29日午後4時10分までの4限目の講義を終えた約10分後、施設裏道を1人で歩いていたところを襲われたとみられる。警視庁は犯人が確実に襲撃を実行するため、宮台さんの行動を事前に把握し、1人になる機会を狙っていた可能性もあるとみて、詳しい経緯や周辺でトラブルがないか調べている。

男は20~30代とみられ、身長約1メートル80センチ。短髪でがっしりとした体格という。

事件から一夜明け、同キャンパスでは職員らが構内を見回り、警察官が周辺を警戒。学生からは不安な声が聞かれた。同大理学部3年の女子学生(20)は「身近な場所で事件が起きて怖い…。現場は裏道のような場所で人通りは少なく、待ち伏せしようと思えばできるのでは」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細