江沢民氏死去

「日中の友好協力増進に大きな役割」自民・二階氏

自民党の二階俊博氏(矢島康弘撮影)
自民党の二階俊博氏(矢島康弘撮影)

自民党の二階俊博元幹事長は30日、中国の江沢民元国家主席の死去を受け「平成10年に中国の国家主席として初めて訪日され、日中両国の友好協力関係の増進に大きな役割を果たされた。ご功績をしのびつつ、ご冥福をお祈りする」とのコメントを発表した。

二階氏は自身が12年と14年に訪中した当時を振り返り、「(江氏が)暖かく迎えてくれたことを昨日のことのように思い出す」と述懐した。

中国の江沢民・元国家主席が死去 社会主義市場経済を推進 習体制発足を後押し


会員限定記事会員サービス詳細