岡山大院生を恐喝疑いで逮捕 山口組系組員らと共謀か

岡山県南部の男性から現金を脅し取ったとして、岡山県警は30日、恐喝の疑いで、岡山大大学院生のカルナラッナ幸汰イサーラ容疑者(26)=岡山市北区大和町=と、特定抗争指定暴力団山口組系組員の藤井英樹容疑者(55)=香川県善通寺市金蔵寺町、会社員の奥村真司容疑者(39)=岡山市南区西市=を逮捕した。

逮捕容疑は共謀し、4月28日、30代男性から債権を回収する名目で、数回にわたり「痛い目遭いとうなかったら、はよ金払えや」「わしが誰か分かって物言いよんか」などと電話し現金を要求。翌29日に、岡山市内の飲食店で80万円を脅し取ったとしている。

岡山県警は9月に男性から相談を受け、捜査していた。

会員限定記事会員サービス詳細