現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月30日

ロシア南部の都市ボルゴグラード(旧スターリングラード)は、第二次大戦中、ナチス・ドイツ軍との最大の激戦地となった。戦後そのシンボルとして市内の「ママエフの丘」に立つ像は、優美な女性が剣を振り上げている。

▼高さ51メートルにも及ぶ「母なる祖国像」である。ロシア文化が専門の前田しほさんの論文によれば、この像は母親の慈悲深さを表現したものではない。「共同体の危機に際して、男たちを戦場に送り出すために奮い立たせる」のが使命だった。

▼ウクライナに軍事侵略したロシアは現在、戦況悪化に苦しんでいる。プーチン大統領(70)はやはり「母」の力を借りようとしている。今年8月、ソ連時代の「母親英雄」の称号を復活させた。10人以上の子供を持つ女性に贈られ、約230万円の賞金が付く。

ランキング

  1. 【産經抄】1月31日無料プラン記事

  2. 【風を読む】「かぐや姫」もびっくり 教研集会の事例 論説副委員長・沢辺隆雄有料プラン記事

  3. 【政界 十六夜】不評の「長男起用」が意味するもの 石井聡有料プラン記事

  4. 【浪速風】歴史を変えた伝統芸能

  5. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  6. 【主張】被害者の心情伝達 真の反省引き出す制度に

  7. 【主張】広域強盗団 指示役の身柄移送を急げ

  8. 【大阪特派員】「幸せな何か」という余白 木村さやか有料プラン記事

  9. 【ポトマック通信】「ヘリコプター両親」

  10. 【世界の論点】中国人口、61年ぶり減少 米メディア 衰退で「台湾侵攻」誘発懸念有料プラン記事