「何も言えない。弁護士と相談する」逮捕のKAT-TUN元メンバー、1万円恐喝疑い

田中聖容疑者
田中聖容疑者

知人女性から現金1万円を脅し取ったとして、京都府警伏見署は29日、恐喝容疑で、人気アイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」の元メンバー、田中聖(こうき)被告(37)=千葉県柏市=を逮捕した。田中容疑者は調べに対し「今は何も言えません。弁護士と相談してから考える」と供述し、認否を留保している。

田中容疑者は覚醒剤取締法違反(使用、所持)罪にも問われており、この日の日中は千葉地裁松戸支部であった公判に出廷していた。府警は同日夜、容疑者の身柄を京都に移送した。

逮捕容疑は昨年6月6~14日、京都市伏見区に住む知人の無職女性(36)に紹介されたライブハウスからの出演料が未払いだと因縁をつけ、現金を脅し取ろうと計画。無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「1秒でも早く10万耳揃えてキッチリ払え」「なめた対応ならさすがに俺も考えるぞ」などとメッセージを送信し、同月21日に女性に1万円を送金させて脅し取ったとしている。

伏見署によると、今年8月に女性が同署に相談に訪れ、10月2日に被害届が受理された。田中容疑者は女性の紹介で、令和2年8月ごろにライブに出演しており、同署は出演料発生の有無などについて捜査する。

田中容疑者は29日夕、千葉市緑区の病院内で逮捕された後、捜査員に伴われてJR東京駅から新幹線に乗り込んだ。午後10時半ごろ、田中容疑者を乗せた車両は伏見署に到着。後部座席に座った田中容疑者は、報道陣のカメラのフラッシュを浴びながら、フードをかぶってうつむいた状態だった。

田中容疑者は今年6月、名古屋地裁で覚醒剤取締法違反罪で懲役1年8月、執行猶予3年の有罪判決を受けた直後、千葉県警に覚醒剤取締法違反容疑で現行犯逮捕され、同罪で起訴されていた。

会員限定記事会員サービス詳細