搬送男性「おじさんに刺された」 玄関付近に大量の血痕

刺し傷がある男性が発見された火災現場で行われる消火活動の様子=30日、大阪府豊中市(近隣住民提供)
刺し傷がある男性が発見された火災現場で行われる消火活動の様子=30日、大阪府豊中市(近隣住民提供)

大阪府豊中市小曽根の集合住宅で30日午前、火災現場から血を流した男性が見つかった事件で、男性が大阪府警豊中南署員に「おじさんに刺された」と説明していることが同署への取材で分かった。

男性は火元とみられる部屋の玄関付近に血を流して倒れており、左胸に2カ所の刺し傷と左腕に切り傷があった。府警は男性が何者かに刺されたとみて、殺人未遂容疑で捜査するとともに出火の経緯を詳しく調べる。

豊中市・池田市消防指令センターによると男性は40代ぐらい。病院に搬送されて治療を受けているが、詳しい容体は不明。

府警や消防などによると、30日午前11時5分ごろ通行人の女性から「2階から黒煙が上がっている」と119番があり、駆け付けた消防隊員が男性を発見した。火災は約20平方メートルを焼き、約30分後にほぼ消し止められた。

現場は阪急宝塚線服部天神駅から南東に約1キロの住宅街。周囲には規制線が張られ、警察官らが慌ただしく出入りした。

会員限定記事会員サービス詳細