宇宙ステーション完成へ 中国、有人船打ち上げ

有人宇宙船「神舟15号」を搭載して発射されるロケット「長征2号F遥15」=29日、中国・酒泉衛星発射センター(新華社=共同)
有人宇宙船「神舟15号」を搭載して発射されるロケット「長征2号F遥15」=29日、中国・酒泉衛星発射センター(新華社=共同)

中国は29日午後11時8分(日本時間30日午前0時8分)、有人宇宙船「神舟15号」を打ち上げた。宇宙飛行士3人が搭乗。中国が独自に建設中の宇宙ステーション「天宮」にドッキングして乗り移ることができれば、天宮は実質的に完成したことになる。習近平指導部が目指す「宇宙強国」の確立へと前進する。

中国北西部の酒泉衛星発射センターから、ロケット「長征2号F遥15」で発射。天宮の中核部分に連結する。既に6月から別の3人が滞在しており、新たな3人といったん合流した後、地球に帰還する。宇宙空間での要員交代は中国にとって初めての挑戦となる。

ステーションは中核部分と二つの実験施設で構成される。今回の3飛行士らは半年ほど滞在し、天宮の本格運用を開始。医学、宇宙技術など約40項目の実験や試験を行う。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細