都立大職員が首を切りつけられる 男逃走

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

29日午後4時20分ごろ、東京都八王子市南大沢の都立大南大沢キャンパスで「男性が切りつけられた」と110番通報が入った。警視庁南大沢署員が駆け付けたところ、構内の路上で男性職員が首から血を流していた。意識はあり、命に別条はないという。男は逃走しており、警視庁が傷害事件として行方を追っている。

南大沢署によると、男は職員の頭を後ろから殴った後、刃物で切りつけたとみられている。20~30代くらいで身長約180センチ、黒っぽいジャンパーにズボン姿だったという。

会員限定記事会員サービス詳細